helf's ocean

アクセスカウンタ

zoom RSS 蛸足2

<<   作成日時 : 2008/06/21 19:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

昨日の話題の続き・・

今日は2006年の12月に購入した(http://helf.at.webry.info/200612/article_5.html)コエダブランチ。

60水槽では大きすぎてもてあまし気味でしたが、
ある時からソメワケのオヤツになり・・・・
一時は幾つかの枝がダメになり・・
ポリプも出なくなっていたので、諦め気味だったんですが、
新水槽では、水面近くに置いたところ、
ソメワケがいたずらをしなくなりました。

画像

さらに環境も上手く合ったようで、
ここまで回復しました〜。

画像


上から撮ると、結構ボリュームもあって、蛍光Gも奇麗でしょ?
水質的にもそれほどうるさくない印象ですし、
光量やや弱め、水流もあまり強すぎないとこに置いておけば、
案外丈夫な感じです。
helfにとっては、
ウミキノコやスタポ、ツツウミなど簡単と思われているソフトの方がよっぽど、
(奇麗に)長期維持するのが難しい感じです!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
チョウジガイ系は良いのですが毒がねぇ・・・あとスペースがねぇ・・・。
なんてことでなかなかねぇ・・・。

でもやっぱ綺麗ですね。
TAKATO
2008/06/22 00:38
TAKATOさん
確かに膨らむサンゴで、毒の強いものは、
安全のためにもスペースが必要なので、
小型の水槽だと扱いにくいですね。

そうですね〜、コエダのコロニータイプのクリア系は、僕の好きなサンゴのTOP3に入るかもしれません^^
僕の好きな
helf
2008/06/22 15:50
ウチのタコはブランチタイプなので飼いやすいのかもしれませんね〜。
確かにチョウジガイ系は毒が無ければ優秀なサンゴですよホントに。
hoki
2008/06/22 16:13
hokiさん
ブランチタイプなら、
大きくなってきたら、2〜3枝ごと切り分けて、小型水槽にも使えるようにできそうですね〜。うちのもやってみようかな〜。
helf
2008/06/22 18:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
蛸足2 helf's ocean/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる