helf's ocean

アクセスカウンタ

zoom RSS タイニー悪戦苦闘記(今度こそ(>_<))

<<   作成日時 : 2007/12/03 18:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

前回は記事が長くなりすぎ結局タイニーの事が書けませんでした^^;;
今回は、もし今後タイニーに挑戦される方がいたら、
少しでも参考になれば良いナとの思いで、
チト悔しいと言うか恥ずかしいというか・・できたら言いたくないような失敗談も
正直に書いて見ますね。(長いので関心無い方は画像だけお楽しみ下さい^^;;)

さて、helfは地味目というか、
世間的にはあまり人気が高いとは言えないようなお魚になぜか惹かれてしまうことがあり、
これが意外と難関種だったりして悩みます^^;;

まずはソメワケですが、これは残念ながら1度失敗した後、
石垣から素晴らしい固体を入手できて、もうすぐ1年になります。
次はカニハゼですね。これは難しいと聞いていたので、
餌付け済みのコを気長に待ち、初めてうちに来た個体が、
そろそろ10ヶ月位かな?

画像

で、次にズキュンと来てしまったのがタイニーなんですが、
今年の春頃だったかな?「ハゼ」ってことで、当初大して調べもせず、安易に購入してしまいましたが、エサを食べさせることさえ出来ないまま死なせてしまいました。
この時は隔離ケースで餌付けるつもりだったのですが、
とにかくRプランクトンさえ,咥えてはプッと吐き出す感じで、
暫らくして、環境を変えてみようとマゴタンクに移した数時間後に死んでしまいました(T-T)

その後色々と調べたり教えてもらったりした情報によると、
案外難しい種類だと分かりましたので、
半年以上探して餌付け済みとの個体を通販で2匹購入しました。

二匹ともまぁまぁの個体だったのですが、
期待して隔離ケースへ。
1匹はたまにシュアを口にするがもう1匹は完全に無視。
さらに隔離ケース内でのビビリ方が、他の魚と比べて、ちょっと異常なほど。
リラックスしてホバリング状態の時に口の前にエサが漂うと啄むんですが、
チョットでも物音を立てたりして、ひとたびビビリモードになると、
頭の上にエサが乗ってても無視。。。(>_<)

1週間ほど様子を見ていたんですが、
どうにも慣れてくる様子も無い。。
で、以前記事にも書いたんですが、ある時隔離ケース内に勝手にオヨギイソハゼが
侵入してまして、タイニーの前でエサをパクパク食べてると、
なんか安心するのか、つられて少し食べている様子。
どうやらこれは、隔離ケース内でも、大きな魚が回りに集まってくる環境に落ち着かないってのも要因なんでは?と思うように。

そこで、体力が残っているうちにマゴタンクに。。と思って掬おうとした瞬間。。
ピンっと跳ねてメインタンクへ。。う〜む。。どこ行ったか分かりません。。

画像

もう諦めようかとも思ったのですが、数週間後、
今度はマゴタンクを落ち着けるハゼ水槽にして、
最初からこちらに移してみて、それでダメならこの魚は諦めようと決めて、
同じ店に三匹注文。
しかし、まともな状態のが1匹しかいないとの事で、
1匹の値段だけで良いからと、状態のましなの1匹とガリガリ君2匹が届きました。

水合わせ後、早速水槽へ移そうと手で掬おうとすると逃げる逃げる。。
そのうち手で掬った1匹は気絶して全身硬直。。マゴタンクに入れてもプカ〜と漂って。。
さらにもう1匹はビビリすぎてLRの穴に頭だけ突っ込んで数時間ピクリともせず。。
((+_+))

翌日には1匹がヤド君のエサになっており、
他のも見当たらず。。エサを撒いても当然行方不明。。

正直このあたりで、タイニーはもう辞めようと思いつつ、
一応Rプランクトンだけは撒いておきました。

で、1週間ほどした名古屋遠征の前日位だったかな?
シュアを撒くと状態の良かった1匹が穴から飛び出て1口パクっと。

お。チャンスとばかり、粉々にしたシュアを水の汚れも気にせず、
ダバーっと撒いてみると、ポソポソと食べてる。
翌日の朝にはなんとガリガリ君の残り1匹も現れたまーにパクリっと食べてます!!

画像

これに気を良くしていた所、先日の記事に書いたとおり名古屋で、
素晴らしい状態のタイニーを発見し2匹購入。
前回手で掬った時に、気絶したので、どこかで聞いた、
人間の体温は魚には高すぎて手で掬うのは良くない?なんて話を思い出し、
真偽はともかく、小さなペットボトルの底を切って、
小さな穴を沢山開けた魚掬いカップを作成し、それで掬ってマゴタンクへ。

さすが状態が良かっただけあって、
翌日にはコッソリ顔を覗かせ、隙を見てはエサを取りに来ます。
それに釣られて、元からいた2匹もエサ時だけは良く出てくるように。
多分クロニモのプレッシャーが無ければもっと全面に出てきそう!


1週間ほどで、
エサの種類も何でも食べるようになり、
名古屋で買ったコはエサ時以外でもホバリングを見せてくれるようになりましたぁ。
ガリガリ君の方はまだ少し心配ですが、残りの3匹はどうやら大丈夫そうです^^

もし、ランプアイと間違えられてもやっぱりタイニー飼いたい!って方がおられたら、
是非挑戦してみてください。
僕の失敗から個人的な感想としては、

・状態の良いのを根気強く探す。(もちろんどの魚にも言えますが、タイニーは特に状態悪いのも多いような気がします)
・隔離ケースよりも、極力大人しい魚だけの小さめの水槽に放流。
・かなり臆病なので水槽に移す時に追い回さず、スパッと掬う。(小さい分、手だと上手く掬えず時間かかりました。そういう意味でもお魚カップを作って正解!)

なんて点に気をつければ、成功率も少しは上がる気がしましたので、ご参考になれば幸いです^^

画像

喰いすぎて腹が三角に。。でも嬉しいので幾らでも食べてくれ!
長々とお付き合いありがとうございましたm(__)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
タイニーかわいい!
カニハゼも〜
こんな感じって今まで私の頭には
無かったです。
優しい海 こんな海も
作ってみたくなっちゃいました。
papa
2007/12/03 19:17
なるほど〜。
やはりモエギハゼ類は飼育が難しいようですね・・・。
こんなにとは知りませんでした。
なんだか、スミレやシマ並の飼育レベルですね。
いや、それ以上ですね!

前回の記事についてですが、僕もLPSは小型のものを探して買っています。
でも、なかなかいないんですよね〜。
アザミハナガタなんて基本結構大型ですからね〜。
hoki
2007/12/03 21:40
スミレなんかよりもはるかに難しい魚のようですねぇ。でも、好きな魚って難しくても飼いたいですよね。
jiru
2007/12/03 23:25
いや〜マジで勉強になります!
helfさんワールドに引き込まれてしまいましたよ〜 (´・∀・`)

タイニーは難しいんですね・・・
でもそれに挑戦し続けるhelfさん、スゴイっす ( ゚ー゚)

どんな魚でも、根気よく状態の良い魚を探さないとダメですね。
どうしても買う!って思う自分を抑えられれば、成功?率もグンと上がるは間違いないと思います。
2DK
2007/12/04 01:04
papaさん
タイニーは地味系ですが、
なかなか可愛いです^^

僕は最近、クマドリカエルアンコウの3〜4センチ位のベビーが気になって気になって。。活餌が無いと難しいのかなぁ。。
なんだか水槽がいくつあっても足りませんねぇ。
helf
2007/12/04 19:40
hokiさん
イエイエ僕がヘタクソなだけで、
タイニー?そんなの大げさな事言わなくても簡単に飼えてるよ!って方も当然沢山いらっしゃると思います^^;;
プックリ系のLPSは特に大型のが多いですね。このオオバナでさえ膨らむと予想以上にデカイ^^
helf
2007/12/04 19:43
jiruさん
イエイエ。。ほんと僕の判断ミスなどもあっての失敗談なので、ハゼ相手になにヘタこいてんのヨって笑ってやって下さいマセ。。^^;;
helf
2007/12/04 19:45
2DKさん
イイェ。。多分ベテランの方から言わせれば笑われそうですが。。単に悪い見本として参考にしていただければ本望です。。
多分タイニーも他の魚同様状態の良いのを探すと言うのが、ほぼ全てでしょうけど、あとほんの少し、この魚の性質を分かってやると成功率が多少上がる気がしましたので。。
helf
2007/12/04 19:49
この趣味はこだわりを持ち続けることって大事ですよね!!

間違えてセポに行ってしまったのは、まさに神のお導きだったのかと思います。
僕もそんな出会いがしてみたいですね。。。
チョビ
2007/12/04 20:34
タイニーの魅力は正直まだ私にはわかりませんねー。
いつかその魅力に気づいたときにはお世話になりますよ。

私の場合50匹のランプアイもすべて☆にしてしまいましたからねー・・・。
TAKATO
2007/12/04 23:20
やはりお店でストックされている状態って大切ですよね。
それにしてもかなりデリケートなお魚ですね〜^^;
自分なら無理です。。。
でも難しいから余計にはまってしまうのかな^^
pika
2007/12/05 15:15
チョビさん
そうですね〜、タイニーについては自分で考えられる工夫をして、それでもダメならあまり意固地になって沢山死なせるのも辛いので諦めようかなぁ。。と思ってましたが、なんとか成功の兆しが見えてホッとしてます。

神のお導きですか^^;
チョビさんが、タイニー在庫を知ってお勧めしてくれはったんかなと思ってました^^

チョビさんはどの魚との出会いを待っているんでしょうか?やはりブルーフェイスかな?
helf
2007/12/06 11:15
TAKATOさん
確かに。。きっと分からないほうが普通だと思いますヨ^^ うちでもメダカ扱いですし。

個人的にはやや繊細で可愛くて、よーく見ると綺麗!って魚が好きなのですが、
タイニーも、状態の良い個体をじっくり見るとランプアイとは輝きが全く違うんですよねぇ〜。特にボディのメタリック感や鰭の模様などが美しい宝石のようです。

まぁほんとに自己満足の世界ですからねぇ^^;;

でも、魚の好みってのも、どんどん変わってきますね。海水魚飼い始めた頃は、例えば、チェルブなんてどこがええんやろ?と思ってましたが、今ではちょこまかした可愛さが大好きですし、それこそ菫や縞なんて全然関心無かったですから。。^^
helf
2007/12/06 11:21
pikaさん
確かに丈夫で安心な魚は、暫くすると観察が疎かになったりして、どうしても難しい魚に気が行ってしまいがちです^^

サンゴなら環境さえしっかりしてやれば、
成功率はかなり高いんでしょうけど、
魚は完璧と思える管理をしていてもダメな事もままあるようですから難しいですねぇ^^;;
helf
2007/12/06 11:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイニー悪戦苦闘記(今度こそ(>_<)) helf's ocean/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる