helf's ocean

アクセスカウンタ

zoom RSS カナダ旅行記(その2 PEI)

<<   作成日時 : 2007/08/14 07:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

プリンスエドワードアイランド・・長いので「プリエド」だの「江戸」だのと自己流に略してましたが、一般的にはPEI(ピーイーアイ)ってのが通用しているようです。

helfの海外旅行は、パラオだのポナペだのマーシャルだのと、
一般の方には「どこ?」という反応をされる事が多いんですが、
PEIもご存じない方が多いのではないでしょうか。

場所は北米大陸の東の端、ハリファクスの近くです。
夏場はアメリカから海水浴客が沢山訪れるようですが、
基本的にはなーンも無い田舎の島です。

先に書いたように、赤毛のアンという小説の舞台になった島で、
この小説や映画のファンにとっては聖地のような所のようです。

今回は空路での訪問となり、
トロントからモントリオールまで1時間15分、モントリオールからシャーロットタウンまでは、
ボ〇バル機(・。・;で約2時間で到着です。お昼頃ナイアガラを出て、到着時には23時を過ぎていました。(時差の関係もありますが)

ホテルはPEIでは一番立派と言われるデルタに泊まりました。
といっても、ごく普通に不満の無いホテルといった印象ですが。

PEIにはあまり公共交通機関が発達していないため、
短期の滞在では通常はOPツアーに参加するのが定石のようですが、
のどかな風景をのんびり自由に楽しみたかったので、
レンタカーを日本からネットで予約していました。

画像

シャーロットタウンの市内にもレンタカー屋はありますが、
今回借りたハーツの営業所が空港のみだったので、
朝食後、タクシーで空港へ。

画像

日本では一番安いヒュンダイのコンパクトカーを予約していたのですが・・
案の定というか・・ありがちですが、現地に行くと車はポンティアックでした〜。


PEIをドライブといっても、日本で情報や地図を得るのがなかなか難しく、
事前にグーグルマップであれやこれやとルートを確認して持って行きました。
(現地に行ってみると、実際には3つほどの代表的なドライブルートがあるようで、その標識通り走るのであれば、ごく気軽にドライブを楽しめます。)

画像


画像

市街地を抜けると、交通量は極めて少なく、慣れない右側通行も問題なし。
のどかな風景に癒されます〜。

っとここで一日に可能なUPロード量を超えたらしく・・続く
リサイズしてからUPしないとまずいンかな。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
えっ? ぺいじゃないのですか?
たぶん、存じていない人多いとおもいますよ(笑)
若草物語やトムソーヤ&ハックルベリーフィンの冒険は小説で呼んだことありますが、赤毛のアンはアニメのあいまいな記憶しかないです。

空がきれいだ♪ 涼しかったですか?
チョビ
2007/08/14 19:59
僕もむか〜しちらりと見たアニメのイメージしかなかったのですが、島中がほんとに童話や小説の世界のような雰囲気で素晴らしかったです。気候も快適でしたよ〜。
helf
2007/08/14 22:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
カナダ旅行記(その2 PEI) helf's ocean/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる