helf's ocean

アクセスカウンタ

zoom RSS 生体反応有り

<<   作成日時 : 2006/08/17 20:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

先日ピンチとお伝えしたシャコガイ。手で触っても殆ど反応が無く、元官房長官F氏風に言うと「生体反応なし」で早めに取り出すべきかと迷っていましたが、未だ死なずに頑張ってます。最近は少し外套膜も出てきて、手をかざすとシュッと閉じるようになった気がします。これが最後の一燃えでないことを祈ります^^;

画像
シロスジは無残な事になりましたが、コフキは何度ヤドカリに落とされても調子良いです。ただ、うちの環境はウミアザミには合わないのか、増える所までは行かないですね〜ヨウ素添加もしてるんだけど^^;



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
シャコガイ復活してくれたらいいですねぇ〜
うちのウミアザミは最近スカンクに荒らされるので困ってます。今週末にはスカンク捕獲大作戦を決行するかも〜です。
yuji
2006/08/17 21:18
スカンクは結構問題児ですね。。
うちでもヘルフリッチーズの寝床に夜這いをかけて安眠を妨げているようでムカっときました^^;
これまでにもバブル・カクオオトゲに給餌したものを穿り返してサンゴを弱らせてしまったりと被害は大きいです。今後はスカンクは追加せずサンゴモエビやグラスシュリンプにして、小型のヤドカリ+ムシロ貝などをお掃除軍団のメインにしようと思っています。
helf
2006/08/18 08:04
 コフキは見た目調子良さそうですけどね。ウチのも増えてくれるといいな。
 それにしてもスカンクはほんと困り者ですよね。せっかくサンゴに与えた餌もゴリゴリほじくられるし、サンゴにキズができようものなら傷口を集中攻撃。シャコガイの中まで突く始末。それ以来、エビ類は入れないようにしてます。
satoru-m@so-net
2006/08/18 14:31
satoru-m@so-netさん

コフキは純白の色合いが水槽内では結構目立っていて気に入ってます。沢山増えている方も多いようなので、うちも増えて欲しいです。うちはツツウミ他のハナヅタ系のみ激増中です^^;

スカンクやっぱりどこの水槽でもヤンチャしてるんですね〜。機動力があって、死骸や残りエサのお掃除には活躍してくれるんですが。うちのはサイズもどんどん大きくなっているので、ちょっと先が思いやられます。
helf
2006/08/18 14:55
こんにちは。
何ですかコレ!すごいキレイですね。

こんなのが家にあったら
いつまでも眺めてしまいそうです。笑
ガチャ夫
2006/08/18 19:47
シャコガイ、復活するといいですね。
スカンクは小さい魚や、弱ってる魚に対しても怖い存在ですよね。
モエビーは可愛いですよ〜♪
チョビ
2006/08/18 23:54
ガチャ夫さん
コフキウミアザミというサンゴの一種です。
ソフトコーラルといって、普通イメージされるサンゴとはちょっと違うと思いますが、ユラユラと優しいイメージのサンゴです。

貴重な生き物だけに、狭い水槽で飼うのは正直ちょっと罪悪感のようなものを感じることもありますが、しっかり勉強をして、出来る限り、少しでも良い環境を作ってやれるように努力しています。
ガチャ夫さんは海がお好きとの事でしたが、ダイビングなどはされたことはないですか?
helf
2006/08/19 00:26
チョビさん
モエビー入れたいですね〜。
あとはミカヅキコモンとニセアカホシなどを( >_[・]) ロックオンしてます。
helf
2006/08/19 00:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
生体反応有り helf's ocean/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる